四国中央市物産協会
 会長 三好重忠 
 蒲\州興業 取締役会長
このたびは、四国中央市物産協会ホームページへのご訪問、ありがとうございます。

四国中央市は、製造品出荷額約5,800億円の81%を
パルプ・紙、紙加工品製造業が占め(平成18年度調)、
ほとんどの紙製品が揃う全国一の紙産業のまちでございます。

その一方、第一次産業では、瀬戸内海で獲れる魚介類・海苔、いりこなどの海産物、
市の西部地域では里芋や山芋、
さらに、山間部においては、お茶などの特産地であり、
それらに係る加工された地産品などは、優れたものが多種にわたります。

それらの地産品などを広く紹介し、販路拡大を図るなど、
地場産業の発展に寄与することを目的とし、
2006年(平成18年)に四国中央市物産協会を設立いたしました。

この度、さらに多くの方に四国中央市物産協会や四国中央市のことを知って頂きたく、
ホームページを開設いたしました。

今後も会員一同協力し、四国中央市を盛り上げていく所存でございますので、
よろしくお願い致します。

四国中央市物産協会 会長 三好重忠/蒲\州興業 取締役会長